住友電気など6社、40Gbps光デバイス向け共通規格の策定で合意

ニューズフロント 2007年03月26日 17時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住友電気工業、ユーディナデバイス、三菱電機、NECエレクトロニクス、沖電気工業、日本オプネクストの6社は3月26日、40Gbps小型光デバイス向けのマルチソースアグリーメント「40Gbit/s Miniature Device Multi Source Agreement(XLMD-MSA)」締結を発表した。

 XLMD-MSAでは、SONET OC-768用40Gbpsインターフェース規格に準拠し、伝送距離2kmまで適用可能な送受信小型光デバイスを対象とする。主に、外形寸法、実装レイアウト、ピン配置、電気的特性および光学的特性を規格化する。

 6社は、XLMD-MSA準拠製品を供給することで、40Gbps光トランシーバモジュール市場の早期立ち上がりを促し、大容量ネットワークに高度ソリューションを提供することを目指すとしている。

 現在6社では、外部変調型レーザ送信デバイスとPIN-TIA受信デバイスの規格化を進めている。2007年中にピッグテール型光デバイスの仕様を公開する予定。将来は、プラガブル光トランシーバの標準化に合わせ、TOSA/ROSAの仕様化にも取り組む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR