ITLとSSJ、SuperStream文書化テンプレートの共同開発で協業

CNET Japan Staff 2007年03月26日 20時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・ティ・エル(ITL)とエス・エス・ジェイ(SSJ)はこのほど、SSJの業務パッケージ「SuperStream」の内部統制テンプレートを共同開発することを発表した。

 ITLは、フィンランドのQPR製バランス・スコアカード、プロセス・マネジメントなどの製品群を組み合わせ、日本独自の文書化テンプレートを標準搭載する「QPR J-SOX」を提供している。両社は、QPR J-SOXテンプレートとSuperStream文書化テンプレートを製品連携させることで、文書化作業の効率化を図るという。

 QPR J-SOXのパッケージ費用は500万円から。SuperStream文書化テンプレートはモジュールあたり30万円を予定している。SSJ特約店より販売し、初年度20社への導入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!