NECとトレンド、不正接続検知アプライアンスとセキュリティソフトを連携

CNET Japan Staff 2007年03月28日 17時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとトレンドマイクロはこのほど、両社の協業による検疫システムが4月2日から利用できるようになると発表した。

 この検疫システムは、NECの不正接続検知アプライアンス「InterSec/NQ30b」とトレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション」を連携させて構築した。両社は、2007年1月よりパートナー制度「InfoCage WORKS」で協業しており、今回の発表はその成果の第1弾となる。

 新システム提供により、NECはInterSec/NQ30bの売上を前年の1.5倍に増加させることを目指す。

 InterSec/NQ30bは、接続を許可されていない機器のネットワーク接続を検知・防止し、個人情報漏洩やウイルス感染を予防する。既存ネットワークを変えずに導入可能となっており、システムのセキュリティを保つために必要となる情報を収集・監視・通知する管理ソフト「WebSAM SecureVisor SiteManager」と連動し、許可されていない機器が接続された場合にはシステム管理者への通知処理を行う。

 今後両社は、NECが今後提供を予定しているセキュリティマネジメントソフトウェア「InfoCage Management」シリーズなどの分野でも連携ソリューションを提供していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!