NTTデータ、運用管理OSS「Hinemos」のパートナー制度を開始--新版2.2を公開

CNET Japan Staff 2007年03月28日 20時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは3月28日、エンタープライズ環境におけるコンピュータ群の一元的な運用管理を可能にするオープンソースソフトウェア「Hinemos(ヒネモス)」の保守サポート・外販パートナーの募集を開始した。

 今回募集を開始するのは、Hinemosを利用者に対して提供し、利用者からの問い合わせサポートを行う企業。NTTデータはパートナー企業に対してHinemosについての営業支援、技術支援、技術者教育などのサポートを行う。

サービス概要図 Hinemosのパートナーサービス概要図
※クリックすると拡大画像が見られます

 一方、パートナー企業は、Hinemosを利用した運用監視のアウトソーシング、パートナー企業のソリューションとの連携、保守サポート、技術者派遣、コンサルティング、システムインテグレーションなどのビジネス展開を図ることができる。

 この発表に伴い、NTTデータは新版2.2を公開した。新版では、監視対象としてSolarisに正式対応したほか、x86_64環境への対応、新たなメンテナンス機能の実装などが行われている。また、Hinemosの情報を公開するポータルサイトも開設された。

 Hinemosは、無償公開後約1年半で10万件のダウンロード実績がある。ソースコードは、オープンソースのライセンスであるGNU General Public License(GPL)で公開されている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR