ベリサイン、“今まで以上の信頼性を証明する”EV SSL証明書の国内提供を開始

ニューズフロント 2007年03月29日 12時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインは3月28日、取得審査が従来よりも厳しいExtended Validation(EV)SSL証明書「セキュア・サーバID EV」「グローバル・サーバID EV」の国内企業/組織向け提供を開始した。国内での提供は、これが初めてという。

 従来のSSL証明書は、認証局がそれぞれ独自の基準で認証審査を行っていた。それに対し、EV SSL証明書は、業界団体の策定した認証基準に従い、証明書の認証、発行、保守を実施する。日本ベリサインでは、「EV SSL証明書を利用することで、エンドユーザーに対して、これまで以上にウェブサイトの信頼性を示すことができる」としている。

 セキュア・サーバID EVとグローバル・サーバID EVの有効期間は、1年または2年。グローバル・サーバID EVは、40ビット/56ビット暗号化しか利用できないウェブブラウザでも、128ビット接続を可能とする技術Server Gated Cryptography(SGC)に対応している。

 税込み価格は以下の通り。2007年5月31日までに申請した場合は、10%引きで提供する。

  • セキュア・サーバID EV
    1年間有効:17万100円
    2年間有効:33万750円
  • グローバル・サーバID EV
    1年間有効:22万9950円
    2年間有効:44万7300円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR