アダプテック、SATA/SAS両対応のRAIDコントローラ5製品を発表

柴田克己(編集部) 2007年03月28日 21時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アダプテックジャパンは3月28日、同社のSAS(Serial Attached SCSI)/SATA(Serial ATA)ディスクドライブ両対応製品「Unified Serial RAIDコントローラファミリ」の新製品として、PCI Express対応の5機種を発表した。

 発表されたのは、ロープロファイルで内部4ポートの「Adaptec RAID 3405」、内部8ポートの「Adaptec RAID 3805」、内部12/16ポートの「Adaptec RAID 31205」「Adaptec RAID 31605」、そしてロープロファイル、外部8ポートで外付けストレージでのデータバス冗長性の確保にデュアルパスフェールオーバーを提供する「Adaptec RAID 3085」の5製品。

Sresh Paniker氏写真 Adaptec、データ保護ソリューショングループ、ブランド・プロダクト・ディレクターのSresh Paniker氏

 Adaptec、データ保護ソリューショングループ、ブランド・プロダクト・ディレクターのSresh Paniker氏は、年間約15%の成長率をみせているエンタープライズストレージ市場において、SAS、SATAが、年間平均成長率でそれぞれ62%、47%と高い伸びを示すとする調査会社の予測に言及。加えて、高パフォーマンスのSASとコスト効率の高いSATAでは利用セグメントが異なるとし、同社のUnified Serial RAIDコントローラファミリは、両セグメントに効率よく適用できるソリューションを提供するものだとした。

 新製品群は、1ポート当たり3GbpsのI/O速度を実現しており、メディアサーバ、メールサーバ、データベース、アプリケーションサーバなど、帯域幅重視のアプリケーションでの利用に適しているという。SAS、SATAおよび両者の混在環境をサポートすることで、ユーザーやインテグレーターは、アプリケーションの特性や予算に合わせて、最適なストレージシステムの構築を行えるとする。

 価格はオープンプライスだが、「SASよりも、SATAコントローラに近い」(Paniker氏)価格を設定しているという。店頭販売は4月初旬より開始される予定。

Unified Serial RAIDコントローラファミリ画像 発表された「Unified Serial RAIDコントローラファミリ」の5つの新製品。SAS/SATAの両ディスクドライブに対応する。

 また同日、同社はPCI Expressインターフェース(x1)対応、ロープロファイルのUltra320 SCSIシングルチャネルホストバスアダプタ「Adaptec 29320LPE Ultra320 SCSI HBA」も合わせて発表した。既存のSCSI資産を生かしつつ、世代の違うSCSIデバイスの混在環境においても、最大限のパフォーマンスを実現するという。価格はオープンプライス。店頭販売は4月初旬に開始予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!