マイクロソフト、Windows Server 2003 SP2日本語版を無償公開

CNET Japan Staff 2007年03月29日 13時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは3月28日、「Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2」日本語版の無償ダウンロードを開始した

 SP2では、Windows Server 2003ファミリーおよび、Windows XP Professional x64 Editionの発売以降に公開された更新プログラムおよびセキュリティ更新プログラムを一括で適用。Windows Server 2003に対応した「Windows 展開サービス」「Windows Server 2003 Scalable Networking Pack」、およびWindows XP Professional x64 Editionに対応した「Wi-Fi Protected Access 2 (WPA2)」などの機能を追加した。

 ダウンロード公開に続き、4月中旬以降にCD-ROMのオーダーも受け付ける。CD-ROMの価格は1050円。

 なお、Windows Server 2003、Web Edition (多国語版) にWindows Server 2003 SP2を適用する際は、英語版SP2を適用後に Multilingual User Interface (MUI) Package (KB925148) を適用する必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?