ターボリナックス、PFUと協業--Turbolinux 10 Server導入IAサーバを販売

CNET Japan Staff 2007年03月29日 13時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは3月28日、PFUとLinuxサーバビジネスで協業すると発表した。今回の協業は、PFUのサービスとターボリナックスの技術開発を組み合わせ、ミドルレンジサーバ以下のIAサーバビジネスを加速させる狙いがある。

 協業の第1弾として、Turbolinuxオンラインショップで富士通製ラックマウント型PCサーバ「PRIMERGY RX100S4」および「PRIMERGY RX200S3」タワー型PCサーバ「TX150S5」に「Turbolinux 10 Server」をプレインストールしたモデルを販売する。これらの製品を使用すると、ウェブのフロントエンドなどに適したLinuxサーバをスピーディーに構築することが可能になるという。

 また、セキュリティソフトやIP-PBXなどのアプリケーションをインストールした「ソリューションモデル」の提供も開始する。

 価格は、RX100S4のプレインストールモデルが26万2290円、RX200S3のプレインストールモデルが47万1240円、TX150S5のプレインストールモデルが22万9740円。ソリューションモデルはオールインワンインターネットモデルで31万3950円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから