デル、仮想化統合ソフト「VMware Infrastructure 3」導入済みモデルを販売

CNET Japan Staff 2007年03月29日 19時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは3月28日、仮想化統合ソフト「VMware Infrastructure 3」のプレインストールモデルおよび仮想化ソリューションのパッケージの販売を開始した。

 今回の発表で同社は、「VMware Infrastructure 3プリインストールモデル」「ファイバチャネル接続エントリーモデル」の2つのモデルと、新サービス「キャパシティプランナーサービス」の提供を開始する。

 VMware Infrastructure 3プリインストールモデルでは、通常納期から+1〜2日以内で、VMware Infrastructure 3の事前インストール・基本設定および動作確認を完了した製品を納品する。プレインストール費用はサーバ1台あたり9万6600円。

 ファイバチャネル接続エントリーモデルは、ファイバチャネルDAS(ダイレクト・アタッチド・ストレージ)接続によるサーバ/ストレージのソリューションパッケージ。デュアルパス構成で提供される。価格は800万円台から。

 キャパシティプランナーサービスは、大規模なサーバ統合やITシステムの効率化を検討する企業向けのシステム診断サービス。4週間分のログを収集、分析し、最適なサーバ/ストレージの組み合わせを提案する。価格は70万円から。

 3月29日から4月13日の期間、使用状況のレポート提出やデルのホームページ・出版物への掲載に協力できるユーザー向けにVMware Infrastructure 3プリインストールモデルを特別価格10万5000円で提供するモニター募集を行う

 VMWare Infrastructure 3は、ヴイエムウェアの「VMware ESX Server」に、仮想サーバ管理ソフト「VMware VirtualCenter」、分散ファイルシステムソフト「VMware VMFS」、分散リソーススケジューラの「VMware DRS」、高可用性機能の「VMware HA」、バックアップツールの「VMware Consolidated Backup」を組み合わせた仮想化統合ソフトだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから