WIDEプロジェクト、Mobile IPv6による移動通信サービスの実験運用を開始

吉澤亨史 2007年03月30日 12時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WIDEプロジェクトは3月29日、仏ルイ・パスツール大学とともにMobile IPv6を用いたIPv6移動通信サービスの実験運用を4月1日から開始すると発表した。

 Mobile IPv6は、IPv6端末に移動通信機能を追加する拡張仕様。常に同一のIPv6アドレスを利用するため、接続するネットワークが異なっていても、それを意識することなく通信できる。このため、複数の無線ネットワークを切り替えながら移動する場合や、無線ネットワークと有線ネットワークの間をシームレスに切り替えながら利用する場合に有効とされている。

 Mobile IPv6を利用するためには、移動端末を補助するホームエージェントをインターネット上に設置運用する必要があるため、これまで簡単には利用できない状況にあった。今回の実験サービスでは、この障壁を取り除くために、誰もが気軽に利用できるホームエージェントサービスを提供する。

 WIDEプロジェクトとルイ・パスツール大学は、今回の実験サービスを実施するにあたり、ホームエージェントの機能を簡便に操作するためのウェブユーザーインターフェースであるソフトウェア「HAiku」を共同開発し、オープンソースソフトウェアとして公開している。

 実験サービスは、2008年3月まで実施する予定。安定した運用サービスを継続して提供することで、実運用環境におけるIPv6移動通信技術の技術向上と普及促進を推進していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?