エンタープライズ in Second Life - 楽しい就活編(1)(2)(新着ブログより)

飯田哲夫(電通国際情報サービス) 2007年04月02日 14時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、幕末に福沢諭吉が米国から持ち込んだ概念は「自由と権利」であった。今、賛否両論織り交ぜながらも注目を浴びている「Second Life」の最大の特徴も、実は「自由と権利」である。Second Life流に言えば、ユーザーは「創造する自由」と「所有する権利」を与えられているということになる。Second Lifeは、そこに、他のマルチユーザー型のオンラインゲームとは大きく異なる特徴を備え、時流とも言えるWeb2.0型の共創環境を作り上げているのである。

 (なんて格調高くスタートしてみましたが、前回が「ショッカー幹部ワインパーティセット」なのでいまいちピンと来ませんね。)

 しかし、このSecond Life、多くのメディアと企業の注目を浴びている一方で、企業の参入に関してはその実効性、参入方法などについて、多くの批判が集まっていることも事実である。欧米の大手企業や大学などの参入に加え、日本においても続々と企業の参入が続き、既にSecond Lifeの企業参入記事を見ても食傷気味というのが実態であろう。

(全文はこちら--「エンタープライズニュースの読み方」)

その2へ続く……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから