YEデータ、メール回収ソフトの最新版「PowerControls 4.2」でExchange 2007に対応

ニューズフロント 2007年04月02日 15時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワイ・イー・データ(YEデータ)は4月2日、メールデータ回収ソフトの最新版「Ontrack PowerControls(PRC)4.2」の販売を開始した。税込み価格は、15万7500円からとする。

 PRCは、Exchangeサーバを使うことなく、バックアップファイルからメールデータを取り出し、検索可能な状態にできるソフト。バックアップしたメールデータは、必要に応じて稼働中のExchangeサーバへコピーできる。YEデータでは、「新たにExchangeサーバをたてることなく検索ができるため、大量の情報からの検索や関連情報の確認などで、大幅な時間短縮が可能になる」としている。

 最新版では、Exchange 2007のメールデータに対し、キーワード検索、閲覧、保存が行える。さらに、Outlook 2007にも対応し、ユーザー個人用ファイルの検索や閲覧ができるほか、メッセージやフォルダのコピー先としてPSTファイルの指定が可能になった。

 対応OSは、Windows Server 2003、Windows 2000 Server、Windows XP Home/Professional、Windows 2000 Professionalとなる。

 YEデータは、今年度の売上高8000万円を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?