NRIセキュア、ウェブアプリの脆弱性管理サービスを開始

CNET Japan Staff 2007年04月03日 15時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NRIセキュアテクノロジーズは4月2日、ウェブアプリケーションの脆弱性をついた攻撃を検知・防御する「Webアプリケーション・ファイアウォール(WAF)管理サービス」の提供を開始した。

 同社は、このサービスをインターネット接続総合管理「ファイアウォールネットワークセンター(FNC)」の新メニューとして加える。WAF構築やハードウェアとソフトウェアの保守に加え、機器の提供から、初期コンサルティング、導入後の機器監視、障害対応、設定変更までの一貫したサービスを提供する。データセンターは、NRIセキュアのものを利用しても、自社のものを利用してもよい。

 また、セキュリティ上の問題が突然発覚した顧客に対して、1週間程度で導入できる「緊急導入サービス」の提供も予定している。

 価格は、最小構成(基本サービスシングル構成)で初期100万円、月額50万円から。2007年中に、数十件の新規採用を目指す。

構成 WAF管理サービスの構成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから