サムライワークス、RSS配信システム強化版でオリジナルティッカー提供

CNET Japan Staff 2007年04月03日 16時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムライワークスは、RSS配信システム「RSSバッテリー」を機能強化し、RSSの配信、受信、解析を可能にした統合型RSSマーケティングサービスへとバージョンアップした。

 バージョンアップで強化された点のひとつは、RSSリーダーとしてRSSが受信できる「ニュースキャッチャー」機能の提供だ。企業は自社のロゴをアップロードするだけで、オリジナルのRSSティッカーやブログパーツが作成できる。

 このオリジナルRSSティッカーやブログパーツを使い、購読者が好みのチャンネルを選択してニュースを受信すると、選ばれたニュースがどのくらいクリックされたかを解析する。これにより、企業側は購読者がどのようなニュースを読んでいるのか把握できる。

 サムライワークスでは今後、携帯アプリへの対応など様々な形態で受信可能なソリューションを展開する予定だとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?