シトリックス、グローバリゼーション本部を分社化

CNET Japan Staff 2007年04月03日 17時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シトリックス・システムズ・ジャパンは4月2日、同社の研究開発および多言語対応化事業を行っていたグローバリゼーション本部を分社化し、「シトリックス・システムズ・ジャパンR&D」を設立した。

 これまで製品の多言語化対応や研究開発に従事していた社員は、同日付けで新会社に移籍する。社長は日本法人社長の大古俊輔氏が兼任する。資本金は3000万円。

 新会社設立で、研究開発チーム間のグローバルな交流をよりスムーズに行えるようにしたいという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR