非接触ICカード・RFID、2010年度には18億8400万枚に--矢野経済研究所調べ

CNET Japan Staff 2007年04月04日 13時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 矢野経済研究所は4月3日、非接触ICカードおよびRFID(無線ICタグ)市場を対象とした市場調査結果を発表した。調査期間は2006年12月から2007年3月。専門調査研究員による直接面接で、ベンダーを取材した。

 同調査によると、国内の非接触ICカード・RFID市場の総市場規模は、数量ベースで2005年度4440万枚。2006年度は5600万枚になる見込みで、2010年度には18億8400万枚に伸びると推定される。

 非接触ICカードの2006年度見込需要分野別構成比は、流通分野(電子マネー、プリペイドカード、ポイントカードなど)が8.9%、アミューズメント分野が9.1%、交通・運輸分野が12.5%、ID分野が9.8%、行政分野が0.7%。

 RFIDの2006年度見込需要分野別構成比は、製造分野(FA関連)が12.5%、流通分野(小売関連等)が8.9%、物流分野(輸送・倉庫関連)が15.2%、アミューズメント関連分野(タグ)が4.5%、レンタル・リース関連分野が1.8%。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!