ワイズノットとテンプスタッフ、資本業務提携--派遣事業会社を設立

CNET Japan Staff 2007年04月04日 17時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テンプスタッフは4月3日、ワイズノットとIT技術者特定派遣事業における資本業務提携を4月2日から開始したことを発表した。

 この提携でワイズノットは、同社のHRソリューション事業(技術者特定派遣事業)を分社化し、ワイズノットヒューマンキャピタルを設立した。新会社は、オープンソースソフトウェア(OSS)技術者を派遣する。

 ワイズノットヒューマンキャピタルの資本金は1億円。石黒智幸氏が社長に就任し、持ち分比率はテンプスタッフが66.5%、ワイズノットが33.5%。従業員数230人でスタートする。

 両社はこれまで、テンプスタッフグループのIT系エンジニア専門の人材サービスを手掛けるテンプスタッフ・テクノロジーとワイズノットが、IT技術者の育成派遣業務で協業する関係にあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!