日本HP、エントリーレベルのレイヤ2LANスイッチを発売

CNET Japan Staff 2007年04月04日 18時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは、エントリーレベルのレイヤ2スイッチ新製品「ProCurve Switch 1400シリーズ」および「ProCurve Switch 1700シリーズ」を4月9日より販売開始する。

 ProCurve Switch 1400シリーズは、10/100/1000BASE-Tの非管理型のギガビットイーサネットスイッチで、24ポートと8ポートの2モデルがある。いずれもファンレス設計で、ノイズを気にすることなく設置場所が選べる。また、電源を入れるだけでギガビットネットワークが構築できるため、IT管理者のいない中小規模オフィスにも適している。8ポートを備えるProCurve Switch 1400-8Gのサイズは、幅19.63cm、奥行き11.63cm、高さ4.39cm。

 一方のProCurve Switch 1700シリーズは、ウェブ管理型スイッチの新製品。ブラウザを通じてネットワークの設定や変更、管理ができるため、ネットワークエンジニアがいない企業や組織でも導入可能だ。24ポートスイッチのProCurve Switch 1700-24はラックマウント型で、22個の10/100ポートと2つのデュアルパーソナリティポートを備えている。よりコンパクトなサイズの同1700-8は、7つの10/100ポートと1つの10/100/1000ポートを備えている。いずれも1400シリーズ同様、ファンレス設計となっている。

 価格は、ProCurve Switch 1400-24Gが4万8090円、1400-8Gが1万3545円、1700-24が3万6540円、1700-8が1万3545円。ProCurveの他の製品と同様、電話とメールによる無償サポートや、故障時の良品先送りによる無償交換などが提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?