日立と米サバ、企業の戦略的な人材マネジメント支援で提携

CNET Japan Staff 2007年04月04日 19時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所と米Saba Softwareは4月4日、戦略的な人材マネジメントサービスで提携すると発表した。

 今回の提携で日立は、Sabaが提供するHCM(Human Capital Management)パッケージ「Saba Enterprise Suite」を活用し、人材戦略の立案支援・コンサルティングから運用アウトソーシングを含めた戦略的な人材育成を支援するサービスを立ち上げる。サービスは4月5日から開始する。

 Saba Enterprise Suiteは、個人・組織のスキル把握、目標とのギャップにもとづいた教育など、個人の教育を、人材戦略に沿って計画的に管理するためのソフトウェア。大手金融機関や自動車メーカーなどのグローバル企業を中心に世界中で導入されているなど、人材育成関連サービス事業において実績があるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!