米モンタビスタ、組み込みLinuxの新版をリリース--応答時間を5マイクロ秒に

CNET Japan Staff 2007年04月04日 19時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米MontaVista Softwareは米国時間4月4日、組み込みLinux製品の新版「MontaVista Linux Professional Edition5.0」をリリースしたことを発表した。

 新版では、リアルタイム性を強化したほか、メモリサイズを大幅に削減。マルチメディアに最適化したインテリジェント機器およびそれをサポートするインフラストラクチャの新世代製品の開発を支援したい考えだ。

 リアルタイム性の強化では、平均応答時間(スケジューリング・プリエンプション遅延)が5マイクロ秒の範囲に収まった。メモリサイズは、システムのフットプリントを3メガバイト未満に抑えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!