デル、PowerEdgeサーバ省電力構成の最新版を発表--ワット性能が19%向上

CNET Japan Staff 2007年04月09日 13時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは4月9日、「PowerEdge」シリーズの最新版となる「PowerEdge 1950/2950 Energy Smart(省電力構成)」を発表した。低消費電力、低電圧版クアッドコア インテルXeonプロセッサ5300番台を採用している。

 デルでは、2006年より、消費電力の低減とワットあたりの性能の向上を両立させる、Energy Smart(省電力構成)のサーバを提供してきた。今回、ラックサーバ「PowerEdge 1950/2950」に、低電圧版クアッドコアプロセッサ対応のEnergy Smartを新たに投入する。1950は1Uタイプで、2950は2Uタイプとなる。

 米Dellの測定によると、PowerEdge 2950 Energy Smartは、低電圧版デュアルコアプロセッサを採用した従来の製品と比べ、ワットあたりのパフォーマンスが19%向上した。

 価格は、PowerEdge 1950が37万20円(税込み)、PowerEdge 2950が45万7800円(税込み)で、11日より販売開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR