クラスキャット、RHEL 5専用サーバ管理ソフトを2007年第2四半期に発売

ニューズフロント 2007年04月09日 16時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラスキャットは4月9日、Red Hat Enterprise Linux 5対応のサーバ管理ツール「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition v5」を発表した。2007年第2四半期に販売を始める。価格はオープンとする。

 ClassCat Cute Server Managerは、インターネットサーバ用の管理ツール。オープンソース化された「Sun Cobalt RaQ550」のGUIをRed Hat Enterprise Linuxに移植したもので、、特にEnterprise Edition v5はRed Hat Enterprise Linux 5専用である。ウェブブラウザからウェブ/メール/DNS/SNMP/telnet/FTPサーバの管理が行える。

 仮想化技術Xen 3.0による仮想マシン上のRed Hat Enterprise Linux環境に対応したほか、Red Hat Enterprise Linux 5の各種新機能やPHP 5にも対応する。

 なお、クラスキャットは、ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition v5最終ベータ版の無償配布を4月下旬に開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!