モンタビスタ、組み込みLinux用アプリ開発ツールの新版ADK5.0を発表

CNET Japan Staff 2007年04月09日 21時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米MontaVista Softwareはこのほど、同社のアプリケーション開発ソリューションの新版「MontaVista Application Developer Kit(ADK) 5.0」の出荷を開始した。

 ADKは、Eclipseに対応する組み込みLinux開発環境。新版の5.0では、開発者がシステムリソースがどのように使用されているか、アプリケーションやプロセスがシステムにどのように影響しているか、さらに、どこでシステムメモリを使い過ぎていて、全体的なデバイスの性能に影響を与えているかを把握することができるようになったという。

 MontaVista Linux Edition管理、 MontaVista ターゲット管理の機能が追加され、MakeのためのCDT機能を拡張。メモリデバッギングや性能解析、メモリ使用の解析などの機能を拡充した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?