アルファシステムズ、CDブート型のシンクライアントシステムを提供

CNET Japan Staff 2007年04月09日 20時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルファシステムズは、自宅など社外から安全に社内システムにアクセスできるテレワーク専用ソフトウェア「alpha Teleworker 2007」の出荷を4月9日から開始した。

 同製品は、CDブート型シンクライアントシステムとして提供される。社内で普段利用しているPCの画面をインターネット経由で社外から操作できるため、会社の中にいるのとほぼ同じ環境を実現できるという。

 また、「正規システム認証」と呼ばれる方式でによって不正アクセスを防止する。正規システム認証では、クライアント端末と認証ゲートウェイ間でクライアントCDの構成情報を交換することで、オリジナルCD からのアクセスであるかの判断をすることになる。また、VPNを利用することで、社外PCと認証ゲートウェイ間の情報は暗号化されるという。

 e-Japan戦略IIでは、2010年までにテレワーク就労者が就業人口の2割を占めることを計画している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!