Debian GNU/Linux 4.0「etch」がリリースに

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年04月10日 12時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 非商用LinuxプロジェクトのDebian Projectは米国時間4月8日、Debian GNU/Linux 4.0(開発コード「etch」)をリリースした。

 Debian Projectによる4月8日付けの発表によると、21カ月間に渡る開発によって生まれたバージョン4.0は、インストールシステムのグラフィカルフロントエンドが導入され、 暗号化パーティションのデフォルトでの使用をサポートするようになったほか、ミラーからダウンロードされるパッケージの完全性を検証する機能を備えるという。また、ブラウザソフトIceweaselと電子メールソフトIcedoveも搭載するが、これは、Mozillaプロジェクトとの間でブランド名の扱いが問題になったためFirefoxとThunderbirdの名称を変更したものである。

 DebianのコードベースはUbuntuでも使用されている。Debian ProjectはこのたびDebian GNU/Linux 3.1(開発コードsarge) からのアップデートを自動的に行えるツールもリリースしている(Debianのリリースは「トイストーリー」のキャラクターにちなんで命名されている;Debian GNU/Linux不安定版のコードネームはsidと呼ばれる)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?