NTTソフト、OSSのIP-PBXソフト「Asterisk」のビジネス展開で米社と提携

CNET Japan Staff 2007年04月10日 13時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTソフトウェアは4月9日、米Digiumと「ProgOffice」および「Asterisk Business Edition」の発展に向け、パートナー契約を締結したと発表した。

 両社は、米DigiumのオープンソースIP-PBXソフトウェア「Asterisk」のプロフェッショナル版「Asterisk Business Edition」を搭載したモバイルセントレックスソリューション「ProgOffice」を商品化することで協力していた。

 今回のパートナー契約でNTTソフトウェアは、同分野でのビジネス強化を図る。一方の米Digiumは、知名度の向上を図る。

 Asteriskは、従来のテレフォニーインターフェースで音声の処理・送信を扱う幅広いTDMプロトコルをサポート、SIPやLAXなど、さまざまなVoIPパケットプロトコルが組み込まれている。また、ビジネスフォンシステムで使われている欧米の信号の標準タイプをサポートし、次世代の音声データ統合ネットワークと既存インフラの橋渡しをする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?