ぷらら、法人向けサーバ監視サービスを提供開始--PINGや各種ポートを監視

CNET Japan Staff 2007年04月10日 17時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ぷららネットワークスは4月10日、同社の法人向けサービス「BUSINESS ぷらら」において、「サーバ監視サービス」の提供を開始した。

 同サービスは、シーマンのサーバ監視/ネットワーク監視サービスを利用して提供するもので、ネット経由で顧客のサーバを監視し、異常発生および回復時にメールで通知する。PING監視や各種ポート監視が可能で、監視間隔設定やメール通知先設定(5件まで)機能なども備える。

イメージ サーバ監視サービスのサービス提供イメージ

 契約は、IPアドレス単位。1つの契約につき、PING監視およびポート監視(指定ポート7個まで、任意ポート5個まで)がサービス対象となる。

 価格は、1契約につき月額300円。10契約以上の場合は、1契約あたり280円となる。6月30日までの期間、サービス開始月を含む3カ月間、サービスが無料になるキャンペーンを展開する。

 シーマンは、ネット経由で国内に設置されたサーバのポート・PING監視を5分ごとに24時間実施しており、監視登録実績は2月1日現在1万2000台以上という。サーバ監視・ネットワーク監視ASPサービスの監視サーバは、国内6箇所・海外1箇所に設置しており、大手ホスティング・レンタルサーバのデータセンターなどでもサービス提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR