日立情報、電子自治体ソリューションの最新版で「地域情報プラットフォーム」に対応

ニューズフロント 2007年04月10日 17時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立情報システムズは4月10日、電子自治体ソリューションの最新版「e-ADWORLD2」を発表した。2007年10月より順次出荷を開始する予定。

 最新版は、総務省が推進する「地域情報プラットフォーム」に対応した。地域情報プラットフォームは、自治体や地域内外の情報システムを連携させるための共通基盤で、Webサービスなどの技術を利用する。同基盤に対応したことで、日立情報は「サービス指向アーキテクチャ(SOA)をベースとした拡張性の高いシステムの構築が可能」としている。

 また、電子自治体アプリケーション接続機能を実装し、電子申請/申告、電子決済インフラであるMPN(Multi-Payment Network)、コンビニ/クレジット収納、地方税ポータルシステム「eLTAX」との接続が行える。ウェブベースのシステムであることから、クライアントPCへのアプリケーション導入が不要で、システム運用管理作業を軽減できる。USBキーやICカード、指静脈などによる認証機能も備える。

 日立情報では、e-ADWORLD2と既存の「e-ADWORLD」を合わせ、2013年3月までに累計360団体への導入と、市場シェア20%獲得を目指す。さらに、包括アウトソーシング、サーバアウトソーシング、大量出力アウトソーシング、バックアップなどのサービスも用意する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?