日本エフ・セキュア、64ビットに対応したLinuxサーバ向け統合セキュリティ製品を発売

CNET Japan Staff 2007年04月10日 19時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エフ・セキュアは4月10日、Linuxサーバ向け統合型セキュリティソリューション「F-Secure Linuxサーバセキュリティ Ver5.51」の販売を開始した。

 F-Secure Linuxサーバセキュリティは、リアルタイムでのウイルス、スパイウェア検査、ファイアウォール機能、不正侵入防止機能を持った製品。最新版では、独立したスパイウェア検索エンジンを搭載してスパイウェア検査の精度を高めたほか、コマンドラインモードでのインストールをサポートし、動作の安定性も向上させている。

 また、EM64T、Athron 64、OpteronなどのCPUを搭載したマシンで稼働する64ビット対応のディストリビューションをサポートしている。

 対応ディストリビューションは、32ビットがRedHat AS/ES 2.1/3.0/4.0、Miracle Linux 2.x/3.0/4.0、SUSE 8/9/10、TurboLinux 10、Debian 3.1。64ビット(x64)がRedHat AS/ES 4.0、Miracle Linux 4.0、SUSE 9/10、TurboLinux 10。

 価格は、8万8000円/サーバ(初年度、税別)より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!