ファニーメイ、住宅ローン自動引受システム実現にアイログのRBMSを採用

CNET Japan Staff 2007年04月02日 23時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ILOGは3月27日、同社のBRMS(ビジネスルール管理システム)が、Fannie Maeの住宅ローン自動引受システムである「Desktop Underwriter(DU)」に採用され、柔軟性と俊敏性を向上させたことを発表した。

 Fannie Maeでは2001年に、住宅ローン引受業務の自動化の促進を目的にBRMSをDUに組み込んだ。BRMSを組み込んだことで、速度向上と俊敏な対応力の追求に集中できるほか、製品化までの時間の短縮や業務効率の改善、顧客サービスの向上を実現している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR