NRI、SIフレームワーク「オブジェクトワークス」新版を出荷--BPMなどを搭載

CNET Japan Staff 2007年04月11日 18時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村総合研究所(NRI)は4月10日、オープン環境でのミッションクリティカルな基幹系システムのインテグレーションを可能にするSIフレームワーク「オブジェクトワークス」の新版R8.5の出荷を開始した。

 オブジェクトワークスは、NRIのシステム構築およびアプリケーション開発のノウハウをベースとして構成された、J2EE/.NET Framework環境下におけるシステム開発・実行基盤製品であり、システム基盤を構築するためのフレームワークになる。

 「開発基盤」と「実行基盤」からなり、アプリケーション開発フレームワークの機能、トランザクション制御やセキュリティコントロール、システム連携、印刷機能などのIT基盤機能を搭載している。

 今回リリースされる新版では、BPM (ビジネスプロセス管理)/ワークフローの機能を搭載。組織や作業者をまたいで関連するプロセスを、ビジュアルなワークフロー定義環境を利用して制御できるようになった。

 また、プロセスを実行するプログラムと、その流れを制御するためのワークフローを明確に分離。複雑なビジネスプロセスを有するアプリケーションの生産性を高めることができるという。既存のアプリケーション資産の有効活用や独立して構築されたシステム同士の連係、そのシステム連係の組み換えも可能になった。テスト工程に対する支援機能も切り出され、新コンポーネントとして提供される。

 NRIグループのIT基盤ソリューション「GranArch(グランアーク)」の「システム基盤ソリューション」中核製品のひとつとして提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから