日本IBM、中規模向けエントリサーバ「System i 515 Express」--価格性能比が10倍に

ニューズフロント 2007年04月11日 20時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは4月11日、エントリクラスのミッドレンジ向け新型サーバ「IBM System i 515 Express」および「IBM System i 525 Express」を発表した。いずれも4月20日に出荷を開始する。

 System i 515 Expressについて、日本IBMは「システムの運用に必要な機能をオールインワンにして容易な管理を実現した」サーバと説明する。System i製品系列としては初めて、ユーザー数ベースのOSライセンス価格体系を採用し、最小5ユーザーから最大40ユーザーまで5ユーザー単位でOSライセンスの購入を可能とした。

 プロセッサは、動作周波数1.9GHzのPOWER5+を最大2個搭載できる。従来の同等機「IBM iSeries モデル250」に比べ、価格性能比は約10倍という。オプションで仮想化機能を用意する。メモリ容量は最大16Gバイト、ハードディスク容量は最大560Gバイト。税込み価格は264万4425円から。

 また、System i 525 Expressは、ユーザー数ベースのOSライセンス価格体系だけでなく、プロセッサ利用量に応じた料金体系「キャパシティ・オン・デマンド(COD)」にも対応した。日本IBMでは、「複数サーバにまたがる小規模システムの統合、将来のシステム増強や拡張に備え中位機種を購入する顧客に最適」としている。主な仕様と税込み価格は以下の通り。

  • プロセッサ:IBM POWER5+(動作周波数1.9GHz)最大2個
  • メモリ:最大32Gバイト
  • ハードディスク容量:最大39テラバイト
  • 価格:1306万1790円から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!