セールスフォース、企業内情報をオンデマンドで管理する「Apex Content」を発表

CNET Japan Staff 2007年04月11日 20時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムは4月11日、企業内のあらゆる情報をオンデマンドで管理・共有する新プラットフォーム「Apex Content」を発表した。

 Apex Contentは、Salesforceプラットフォームを拡張し、Web 2.0を利用したコンテンツベースのオンデマンドアプリケーションを作成するための新たなプラットフォーム機能を提供する。

 新プラットフォームの提供で同社は、オフィス文書やHTML、映像/音声ファイル、メールといった非構造化データのプラットフォームサービスに踏み出すことになる。開発者は、コンプライアンスや臨床試験、デジタル資産管理などを目的としたコンテンツアプリケーションを作成することができるようになるという。

 機能面では、ワークスペース管理の「Workspace Management」、バージョン管理やイベント記録などの「Library Services」、コンテンツを分類する「Content Classification Schema」、リッチ検索インデックスを作成する「Full Text Index」、およびワークフロー機能「Workflow」などが搭載される。

 また同社は、Apex Contentをベースに開発したアプリケーション「Salesforce ContentExchange」も発表した。同アプリケーションでは、ドキュメントやメール、HTMLで使われている企業情報の保存、共有、検索、管理を支援する。

 価格は2007年後半に発表予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?