マイクロソフト、オンラインセミナーを拡充--TechEdのオンデマンド配信も

CNET Japan Staff 2007年04月11日 20時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは4月11日、オンラインでの技術者向け情報提供を強化するための施策「無償オンラインセミナー倍増計画」を開始すると発表した。この計画により、開発者向けの「MSDN」および情報システム技術者(ITプロ)向けの「TechNet」におけるオンラインセミナー「Webcast」を拡充し、集合型のセミナーに参加できないIT技術者のスキル向上を支援する。

 Webcastは、オンラインで配信されるストリーミング形式のセミナーで、ライブ中継型やオンデマンド型、セミナー中に対話が可能なOffice Live Meeting型がある。Webcastを拡充することでマイクロソフトは、年間200種類以上のセミナーを提供し、延べ20万人の開発者やITプロが視聴可能となる体制を整える。

 Webcastでは、「Windows “Longhorn” Server」「Visual Studio “Orcas”」「SQL Server “Katmai”」(すべて開発コード名)など、今後リリース予定の製品の技術情報を提供する新製品セミナーや、技術サポート情報、開発のヒント、セキュリティ情報などの定期セミナー、TechEdなどのカンファレンスやオフラインセミナーを収録してWebcastにて後日配信するオンデマンド形式のセミナー、製品購入に必要な知識を提供するセミナーなどが予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!