Windowsに新たなゼロデイ脆弱性--月例パッチリリースに合わせて明らかに

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年04月12日 10時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Microsoft Office」のゼロデイ脆弱性3件に加え、「Windows」にもパッチ未対応の脆弱性が1件発見された。

 この脆弱性は、Windowsがヘルプファイルを扱う方法に存在し、それを悪用するサンプルコードが、インターネットで公開されている。

 McAfeeは米国時間4月10日遅く、同社のMcAfee Avert Labs Blogで「これはコード実行に悪用可能なヒープをオーバーフローさせる脆弱性だ」と報告している。

 Microsoftによると、同社はこの問題の存在を認識しており、拡張子が「.hlp」となっているファイルは拡張子「.exe」のファイルと同様に実行可能なファイルタイプであり、危険度が高いため取り扱いに注意するよう勧告しているという。

 今回の脆弱性は、Microsoftが4月の月例パッチリリースサイクルで5件のセキュリティ情報を公開した直後に発覚した。同社は先週、予定を前倒ししてリリースした緊急パッチの余波にも追われている。前回のパッチは、Windows PCへの攻撃手段として頻繁に悪用されている今回とは別のゼロデイ脆弱性を修正するためのものである。

 Microsoftによると、少なくとも現在のところ、新たに報告された脆弱性が、サイバー攻撃へ悪用されたという報告はないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?