富士通、企業向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」の新ラインアップ6シリーズ18機種

エースラッシュ 2007年04月13日 12時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は4月12日、企業向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」のラインアップを一新し、同日より全6シリーズ18機種の販売活動を開始すると発表した。

 今回発売されたのは、A4ハイパフォーマンスモデル「Hシリーズ」、A4ハイスペックモデル「Eシリーズ」、A4スタンダードモデル「Cシリーズ」、14.1型および13.3型のスリムモバイル「Sシリーズ」、B5ファイルサイズモバイル「Bシリーズ」、薄型軽量モバイル「Qシリーズ」の全6シリーズ18機種。全機種に「Windows Vista Business」を搭載するほか、「Microsoft Office Personal 2007」と「Microsoft Office Professional 2007」のプレインストールが可能なカスタムメイドメニューも用意されている。また、書き込み時にOSやプログラムを含む全データを自動で暗号化する自動暗号化機能付きハードディスクも、Qシリーズを除いてカスタムメイドで対応する。

 さらに今回は、13.3型のスリムモバイルに1280×800ドット表示のワイド液晶モデル「FMV-S8340」が追加された。こちらは本体にカーボンファイバープラスチックを採用することで、従来モデルと比べてスリム化に成功。カスタムメイドでLEDバックライトの軽量薄型スーパーファイン液晶を搭載すれば、約1.56kgまで軽量化が行えるという。

「FMV-S8340」 Sシリーズの「FMV-S8340」

 希望小売価格は構成によって異なるが、A4スタンダードモデル「FMV-C8240」のカスタムメイド最小構成で税別16万4000円。なお、今回発表された新ラインアップは5月より順次提供される予定だ。そのほか、同社のショッピングサイト「WEB MART」で提供されている「FMVバリューシリーズ」についても、指紋センサーの標準搭載やCPUなど基本性能の強化が行われているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR