オートデスク、AutoCADとの連携機能を強化した「AutoCAD Map 3D 2008」

WebBCN (BCN) 2007年04月13日 11時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オートデスク(鬼澤盛夫社長)は、CADソフト最新版「AutoCAD 2008」をベー スにした地理空間情報ソリューション「AutoCAD Map 3D 2008」日本語版を発 売した。

 地理上の位置情報を手がかりに、電力やガス、水道、通信、道路、鉄道など のライフライン事業の施設・設備の作成、維持管理が行えるエンジニアリング GISプラットフォーム。今回「AutoCAD 2008」との連携機能をさらに強化し、 名称をこれまでの「Autodesk Map 3D」から「AutoCAD Map 3D 2008」に変更し た。

 最新版では、CAD、GIS、ラスターデータ形式に高速でネイティブにアクセス できるほか、AutoCADのユーザーインタフェースを介して、GISデータのより緻 密な編集が可能になった。GIS解析機能や、オープンソースソフトウェア「MapGuide」を介したWebパブリッシング機能なども強化した。

 価格は、スタンドアロン版が75万8100円、「Autodesk Map 3D 2007」からの アップグレード版が13万4400円、「AutoCAD 2007」からのクロスグレードが23万2050円、サブスクリプション(年間契約のソフトウェアメインテナンスプロ グラム)が10万7100円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?