マイクロソフトと日本NCR、BI分野で「SQL Server 2005」と「Teradata」を連携

ニューズフロント 2007年04月13日 17時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトと日本NCRは4月13日、ビジネスインテリジェンス(BI)分野の営業およびマーケティング活動で協業すると発表した。今後はマイクロソフトの「SQL Server 2005」と日本NCRの「Teradata」というデータベース製品を組み合わせ、企業向けBIシステムを提供していく。

 この協業にともない、マイクロソフトは2007年上半期中に、「SQL Server 2005 Analysis Services」からTeradataのメタデータを直接読み取り可能とするデータプロバイダを提供する。同データプロバイダを使うと、Teradataに対するデータのリアルタイム出力が高速に行えるようになり、両社ではウェブレポートやExcelなどのOffice systemからの容易なデータ活用を実現するエンタープライズBIシステムを、短期間で構築できるようになるとしている。

 また両社は、展示会への共同出展、共同セミナーの開催、デモンストレーション施設運営、販売員向けトレーニングなども行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!