レンタルサーバ「使えるねっと」でVirtuozzo利用のVPS環境追加サービスが開始

CNET Japan Staff 2007年04月13日 12時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JMFインベストメント&テクノロジーは4月12日、同社の運営するレンタルサーバサービス「使えるねっと」で4月10日からSWsof製OS仮想化ソフト「Virtuozzo」によるVPS(Virtual Private Server)環境追加サービスの提供を開始したことを発表した。

 使えるねっとのレンタルサーバサービスプラン「専用Pro-Series」の追加オプションとして利用できる。価格は月額4980円から。

 VPSは個々のユーザーに仮想マシン内において管理者権限を付与し、共用サーバにおいて専用サーバのような環境を実装するもの。共用レンタルサーバでの、他使用者の影響、アクセス権限などの問題がなく、高額な専用サーバを利用するよりもコスト削減できる。また、高負荷なCGI、大規模なデータベースの処理なども共用サーバでは大抵禁止されているが、VPSはそのような事態はなくなる、もしくは大幅に軽減され、より自由な運用が可能になる。

 Virtuozzoは、ひとつの物理サーバとOSインスタンス上に完全に独立したパーティションである仮想環境を作成できる製品。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから