サン、サーバ向けソフトパッケージの最新版を発売--ID管理やSOA開発基盤を追加

ニューズフロント 2007年04月16日 16時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは4月16日、サーバ向け基盤ソフトパッケージ製品の最新版「Sun Java Enterprise System 5」の販売を開始した。

 Java Enterprise Systemは、各種ソフトと対応サービスを組み合わせて一括提供するパッケージ製品。Solarisのほか、Red Hat Linux、HP-UX、Windowsで利用できる。料金体系は、従業員の人数で算定する年額制を採用する。

 最新版は、基本となる各ソフト製品の機能強化を図った。また、アイデンティティ管理用の「Sun Java System Identity Manager 7」および「Sun Java System Federation Manager 7.0」を追加ソフトとして用意した。さらに、サービス指向アーキテクチャ(SOA)向け開発基盤「Sun Java Composite Application Platform Suite(Sun Java CAPS)」も新たに加えた。

 税別価格は、「スタンダードサポート」付きのベースソフト製品群が年額1万4000円、追加ソフト群が年額7000円となる。サポートサービスが不要な場合は、サンのダウンロードセンターからダウンロードして利用できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR