日立システム、不正PC接続防止ソフトの最新版「オープンネット・ガードVer3.1」

ニューズフロント 2007年04月17日 17時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービスは4月17日、PCの不正接続を防止するソフト製品の最新版「オープンネット・ガードVer3.1」を発表した。4月18日に販売を開始する。

 同ソフトは、社内ネットワークに対する無許可PCの不正接続を防ぐ。PCのMACアドレスを調べ、DHCPサーバによるIPアドレスの配布を実施することで、安全性の高い社内ネットワークを実現できるという。

 最新版は、PCの接続や利用者の変更、利用期間の延長といった各種申請を、ワークフローに則って処理できる。たとえば、利用者がワークフロー画面から申請して管理者の承認を得ると、自動的に社内ネットワークへの接続が許可される。このように処理することで、日立システムは「今まで管理者が手作業で行っていたPCの登録/更新作業を簡素化でき、情報の誤入力による接続トラブルも防止できる」としている。

 また、各PCのウイルス対策やOSの脆弱性対策の実施状況をネットワーク経由で監査する機能も追加した。この監査機能と、ジュニパーネットワークスのファイアウォール装置「NetScreen」および「SSG」を組み合わせると、承認済みPCでも危険度が高い場合は接続を遮断できる。

 オープンネット・ガードVer3.1の税込み価格は、スタンダード版が92万4000円(200クライアント)、エンタープライズ版が130万2000円(同)となる。日立システムでは、今後2年間で80社への販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!