NECネクサ、重要データバックアップとログ証跡管理のサービスを販売開始

CNET Japan Staff 2007年04月17日 19時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECネクサソリューションズは4月16日、同社のアウトソーシングサービスである「NEXSOURCING(ネクサソーシング)」のメニューとして、「IT統制支援サービス」の2つのメニュー「重要データバックアップサービス」「ログ証跡管理サービス」の販売を開始すると発表した。

 重要データバックアップサービスは、事業継続性の確保、災害対策として、企業の重要データを同社のデータセンターで預かるサービス。基幹システムの業務データ、セキュリティ対策としての監視カメラ画像など、大容量で重要なデータをバックアップし、必要時にリストアデータを提供する。

 一方のログ証跡管理サービスは、アプリケーションへのログイン記録や、システムの操作ログなどを収集し、同社のデータセンターで改ざん不可能な状態で保管するサービス。定期的なモニタリングや監査などでログの調査が必要な場合は、同社の専用ウェブサイトにより検索、追跡可能なデータを提供する。

 ハウジング契約を締結することなく、ユーザー企業のサーバから広域LANを通じて同社データセンターに接続して利用することもできる。

 重要データバックアップサービスは2007年7月、ログ証跡管理サービスは2007年9月よりサービスを開始する予定だ。同社は2つのサービスで2008年度までに25社へのサービス提供を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?