ゼンド、ブログやCRM、CMSなどのOSSウェブアプリ活用を支援するサービスを提供

CNET Japan Staff 2007年04月17日 19時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンド・ジャパンは、ブログやCRM、SNS、CMSといったウェブアプリケーションの活用を支援するサービス「Web2.0クイックラン」の提供を4月17日から開始した。

 同サービスは、ウェブアプリの構築・設定を行う「PHPアプリケーション設定サービス」と、PHPを使ったシステムの開発や他言語からの移行、運用などのコンサルティングを行う「PHPコンサルティングサービス」の2つのメニューから構成される。

 PHPアプリケーション設定サービスでは、たとえばブログの場合、Nucleus、WordPressなどのオープンソースを使い、要件をヒアリングしたうえで、最適なブログ環境の構築、設定を実施してくれるという。価格は初期フェーズが20万円から。ブログ以外の利用できるアプリは以下の通り。

  • CRM:SugarCRM
  • SNS:OpenPNE
  • CMS:Post-Nuke、PHP-Nuke、XOOPS、Mambo、Joomla、Type3、PukiWiki
  • 掲示板:phpBB
  • フォーラム:FUDforum

 一方のPHPコンサルティングサービスでは、たとえばPHP移行支援の場合、システム開発において、他言語からPHP、もしくはPHP3/4からPHP5へ移行するための支援を実施してくれるという。価格は1日あたり10万円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!