Vista導入:ITベンダーは関心示すも、ユーザー企業は消極的な姿勢

奥山順子 2007年04月17日 23時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がけるインプレスR&Dは4月17日、Windows Vistaや2007 Office System、サーバなどWindowsの新しいプラットフォームについて、企業の導入状況や導入意向を調査、結果を発表した。

 調査によると、Vistaの導入意向についてITベンダーは、「関心がある(37.7%)」、「関心がない(9.9%)」、「どちらともいえない(29.8%)」という結果になった。

 一方、ユーザー企業は、「関心がある(33.1%)」、「関心がない(18.4%)」、「どちらともいえない(31.6%)」でITベンダーに比べ若干導入に消極的な姿勢が伺える。

 調査は同社のシンクタンク部門、インターネットメディア総合研究所が2007年1月、ITベンダーおよびユーザー企業に勤めるITプロフェッショナルを対象にNTTレゾナントの「gooリサーチ」で実施したもの。有効回答数は1000サンプル。

 なお、同社では今回の調査結果を「Windows Vista&2007 Office System 企業導入調査報告書2007」として発売、アンケートに加えVistaと2007 Officeの技術解説および早期に導入した企業5社の事例を紹介している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!