ITILベースの運用管理ツールのアプライアンスが販売開始

CNET Japan Staff 2007年04月17日 19時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・ティー・ストラテジック・ソリューション(ITS Solution)は4月16日、IT運用管理ツール「ITOP Version2.0」をベースとしたアプライアンスモデル4機種の販売を開始した。ITOPは、ITサービス管理の国際基準であるITILをベースにしている。

 今回リリースされるのは、100人規模程度の企業を対象にした「ITOP 100」、同500人の「ITOP 500」、内部統制におけるIT統制を目的とした「ITOP D5」および「ITOP D20」の4機種。

 ITOP 100は、構成管理・インシデント管理モジュールを搭載し、管理機器は100ノードから。運用担当者は5人まで。価格は128万円から。

 ITOP 500は、構成管理・インシデント管理・問題管理・変更管理モジュールを搭載し、管理機器は500ノードから。運用担当者は20人まで。価格は498万円から。

 ITOP D5/D20は、構成管理・問題管理・案件管理・変更管理・プロジェクト課題管理モジュールを搭載。D5が運用担当者5人まで、D20は20人まで。価格はD5が298万円から、D20が598万円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?