NEC、UNIVERGEに「ビジュアル」「セキュアモバイル」領域を追加

CNET Japan Staff 2007年04月18日 12時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは4月17日、ITとネットワークを統合する同社の「UNIVERGE(ユニバージュ)ソリューション」を強化すると発表した。「オフィスから現場へ」というコンセプトのもと、情報の共有化やコミュニケーションの活性化をオフィスから店舗・工場・倉庫などの現場に広げることを目標に、4つのソリューションを追加する。

 今回追加されるのは、UNIVERGE役員会議ソリューション、UNIVERGEモバイル文書閲覧ソリューション、UNIVERGEどこでも内線ソリューション、UNIVERGEテレワーク導入支援ソリューション。

 UNIVERGE役員会議ソリューションでは、資料の電子データ化・共有化とバーチャル役員会議室を提供する。UNIVERGEモバイル文書閲覧ソリューションでは、情報漏洩対策を保持しながら、 社外から携帯電話で社内文書を閲覧できる仕組みを提供する。

 UNIVERGEどこでも内線ソリューションでは、NEC製SIP対応テレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」と、ブィ・エル・アイ・コミュニケーションズのインターネット内線接続「Global Enterprise FMC サービス」を組み合わせ、社外からの内線通話を可能にする。UNIVERGEテレワーク導入支援ソリューションでは、社内と同様のセキュリティ環境での在宅勤務環境を提供する。

 価格は、UNIVERGE役員会議ソリューションが2700万円から、UNIVERGEモバイル文書閲覧ソリューションが640万円から、UNIVERGEどこでも内線ソリューションが300万円から、UNIVERGEテレワーク導入支援ソリューションは個別見積り。UNIVERGEモバイル文書閲覧ソリューションは4月末から提供を開始し、そのほかは6月末から提供を開始する予定だ。

 またNECは、UNIVERGE事業における米Unisysとの協業を強化することも発表した。米Unisysは、NECのUNIVERGEソリューションを、同社のサービスメニュー「コミュニケーション&コラボレーションソリューション」に組み込み、グローバルなマーケティング活動を展開する予定という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR