日本エリクソン、「第10回エリクソン・アワード」2007年度の公募を開始

CNET Japan Staff 2007年04月18日 12時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エリクソンは4月17日、情報通信分野の優秀な研究者を支援する「エリクソン・テレコミュニケーション・アワード」および「エリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード」における、2007年度の公募を開始した。

 「エリクソン・テレコミュニケーション・アワード」は、同社が社会貢献活動の一環として、日本の情報通信分野における学術研究のさらなる発展と振興に寄与することを目的に、1997年に設立されたもので今回で第10回目。電子情報通信技術分野の研究者を対象に、受賞者には奨励金300万円が贈呈される。また、副賞としてスウェーデンにあるエリクソンのR&D部門および研究機関に招待される。

 一方、「エリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード」は、同じ目的で電子情報通信技術分野の35歳以下の若手研究者を対象に1998年に設立。最大4名の各受賞者には、奨励金として50万円が贈呈される。

 募集期間は、2007年7月16日まで。受賞者の発表は10月、表彰式は11月を予定している。募集要項は、同社のウェブサイトで紹介されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから