携帯電話からLotus NotesやExchangeにアクセスできるアイエニウェアの「OneBridge 5.5」

CNET Japan Staff 2007年04月18日 12時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイエニウェア・ソリューションズは4月17日、携帯電話を利用して企業内の情報にオフラインで閲覧、更新できるソフトウェアの最新版「OneBridge Mobile Groupware 5.5」の国内向け販売を開始した。出荷の開始は、2007年5月18日。

 OneBridge Mobile Groupware 5.5は、Lotus NotesおよびMicrosoft Exchangeのグループウェア機能と連携し、携帯電話をはじめとするモバイル端末から、メール、スケジュール、アドレス帳などを利用可能にするソフトウェア。Windows Mobile 5.0を搭載した携帯電話キャリア各社の最新の携帯電話端末に対応する。

 サポートする携帯電話端末は、次のとおり。

  • hTcZ(NTTドコモ)
  • X01HT(ソフトバンク)
  • W-ZERO3/W-ZERO3 es(ウィルコム)

 同ソフトウェアは、企業内システムの情報に、いつでもどこからでも携帯電話でアクセスできる利便性を提供すると共に、通信データの暗号化、端末へのPower Onパスワードの強制、端末のハードリセット機能など、さまざまなセキュリティコントロール機能を搭載している。

 価格は1ライセンスあたり1万1700円で、5ライセンスからの提供。サーバ設定費が別途必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!