シマンテック、各種サーバOS対応の侵入防止ソフト「Critical System Protection」

ニューズフロント 2007年04月18日 16時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは4月18日、サーバOS向け総合侵入防止ソフト「Symantec Critical System Protection 5.1」の販売を4月19日に開始すると発表した。価格は、法人向けサービスの基本ライセンスで12万9400円、更新価格が年間2万9800円となる。

 同ソフトは、WindowsやUNIX、LinuxなどのサーバOSに対する侵入を防ぎ、ゼロデイ攻撃から守る製品。コンソールから一元的に管理を行い、クロスプラットフォーム環境のシステムを保護する。

 ビヘイビア分析技術により、ネットワーク防御/脆弱性対応/システム制御を実施し、システム監査やアラート通知などの機能を提供する。ネットワークのトラフィックを監視するファイアウォールは、送受信双方向の接続をポート別、プロトコル別、IPアドレス範囲別にブロックできる。

 USBドライブ接続の制御、CD-ROMデータ作成の禁止、VPN未接続の無線LANネットワーク接続の禁止など、機密情報を保護する機能も備えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!