セールスフォース、アドビの「Flex」に対応する開発ツールを提供

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年04月18日 15時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは米国時間4月16日、自社開発プラットフォーム「Apex」で、Adobe Systemsの「Flex」をサポートすることを発表した。

 Salesforce.comは、Salesforce.comのApexと、Adobe SystemsのFlexを組み合わせるためのツール「Adobe Flex Toolkit for Apex」を提供する。ApexはJavaに似たプログラミング体系になっている。これを利用することでSalesforceのホステッドインフラストラクチャで動くオンラインアプリケーションを開発できる。

 こうしたツールを組み合わせることにより、開発者はAdobeのFlashベースのアニメーションや動画をサポートしたホステッドアプリケーションを開発できるようになる。Salesforce.comはまた、ウェブアプリケーションをオンラインとオフラインのどちらでも動かすことのできるAdobeの「Apollo」ソフトウェアもサポートする計画だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!